お知らせ: Rahi は Wesco に買収されました。 当社の CEO からの手紙をお読みください。 続きを読む

お知らせ: Rahi は Wesco に買収されました。 当社の CEO からの手紙をお読みください。

続きを読む

Google CloudPlatformの利用規約

最終更新日:30年2021月XNUMX日

お客様は、販売パートナーの顧客として Google Cloud Platform (「GCP」) サービス (「サービス」) にアクセスしており、これらのサービス利用規約 (合わせて「契約」) は、販売パートナーと、それに同意するエンティティまたは個人によって締結されます。 Google の直接の GCP ライセンス契約ではなく、これらの条件 (「お客様」) に準拠します。 本契約は、お客様によるサービスへのアクセスおよび使用を規定します。 「Google」は、https://cloud.google.com/terms/google-entity に記載されている意味を持ちます。

本契約に署名することにより、お客様は顧客に代わって同意し、(i) お客様を本契約に拘束する完全な法的権限を有することを表明し、保証します。 (ii) 本契約を読み、理解した。 (iii) お客様は、お客様に代わって本契約に同意するものとします。

リセラーの表現。

再販業者は、Google が本契約に従って行動することを表明し、保証します。

サービスの提供

1.1 サービスの使用。 顧客は、本契約に従って、本サービスを使用し、本サービスとは独立した重要な価値を持つ任意の顧客アプリケーションに本サービスを統合することができます。 お客様は、本契約の譲渡セクションで許可されている場合を除き、これらの権利をサブライセンスまたは譲渡することはできません。

1.2 管理コンソール。 お客様は、お客様がサービスの使用を管理できる管理コンソールにアクセスできます。

1.3 アカウント。 顧客は、サービスを使用するためにアカウントを持っている必要があり、アカウントを作成するために提供する情報、アカウントのパスワードのセキュリティ、およびアカウントの使用について責任を負います。 Google は、お客様に複数のアカウントを提供する義務を負いません。

1.4 データの場所。 お客様は特定の顧客データを保存する場所を選択することができ(「データの場所の選択」)、Google はサービス固有の条件に従ってそこにデータを保存します。 データ ロケーションの選択がサービス固有の条件の対象とならない場合 (または顧客データに関してお客様がデータ ロケーションの選択を行っていない場合)、Google は、Google またはその代理店が施設を維持している場所であればどこでも顧客データを処理および保存することができます。 サービスを使用することにより、顧客は、顧客データのこの処理および保管に同意するものとします。

1.5 アカウント。 顧客は、サービスを使用するためにアカウントとトークン (該当する場合) を持っている必要があり、アカウントを作成するために提供する情報、トークンのセキュリティとアカウントのパスワード、およびそのアカウントとトークンの使用について責任を負います。トークン。 お客様がパスワード、アカウント、またはトークンの不正使用に気付いた場合、お客様はできるだけ早く Google に通知します。 Google は、お客様に複数のトークンまたはアカウントを提供する義務を負いません。

1.6 新しいアプリケーションとサービス。 Google は、(i) サービスを通じて新しいアプリケーション、ツール、機能を随時提供し、(ii) 新しいサービスを「サービス」の定義に随時追加することができます (以下に記載されている URL に追加することにより)。その使用は、お客様が追加条件に同意することを条件とする場合があります。

1.7 変更。

(a) サービスへ。 Google は、本サービスに対して商業上合理的な更新を随時行うことがあります。 Google がお客様によるサービスの使用に重大な影響を与える重大な変更をサービスに加える場​​合、Google はお客様に通知します。ただし、お客様はそのような変更について通知を受けるために Google に登録していることを条件とします。

(b) 本契約。 Google は、本契約 (URL 条件を含む) および価格を随時変更する場合があります。 Google による別段の定めがない限り、本契約の重大な変更は、掲載から 30 日後に発効します。すぐに有効になります。 Google は、SLA に対する重大な不利な変更について、少なくとも 90 日前に次の方法で通知します。(i) 通知メール アドレスにメールを送信します。 (ii) 管理コンソールに通知を投稿する。 または (iii) 該当する SLA Web ページに通知を投稿する。 お客様が改訂された契約に同意しない場合、お客様はサービスの使用を中止する必要があります。 Google は、本契約の変更を https://cloud.google.com/terms/ に投稿します。

(c) データ処理およびセキュリティ条件。 Google がデータ処理およびセキュリティ条件を変更できるのは、適用法を遵守するために必要な場合、データ処理およびセキュリティ条件で明示的に許可されている場合、または次の場合のみです。

(i)商業的に合理的である。

(ii)サービスのセキュリティが大幅に低下することはありません。

(iii) データ処理およびセキュリティ条件の「処理の範囲」セクションに記載されているように、Google による「お客様の個人データ」の処理の範囲を拡大したり、制限を削除したりしません。 と

(iv) その他、データ処理およびセキュリティ条件に基づくお客様の権利に重大な悪影響を及ぼさないこと。

Google がこのセクション 1.4(c) (変更: データ処理およびセキュリティ条件の変更) に従ってデータ処理およびセキュリティ条件に重大な変更を加えた場合、Google はデータ処理およびセキュリティ条件を含む Web ページに変更を掲載します。

(d) サービスの中止。 Google は、サービス(または関連する重要な機能)を中止する少なくとも 12 か月前にお客様に通知します。ただし、Google が中止したサービスまたは機能を実質的に類似のサービスまたは機能に置き換える場合を除きます。 さらに、Google は、下位互換性のない方法で顧客向けの Google API を大幅に変更する少なくとも 12 か月前に顧客に通知します。 このセクション 1.4(d)(サービスの廃止)のいかなる規定も、適用法を遵守するため、重大なセキュリティ リスクに対処するため、または重大な経済的または重大な技術的負担を回避するために必要な変更を行う Google の能力を制限するものではありません。 このセクション 1.7(d) (サービスの中止) は、一般公開前のサービス、提供物、または機能には適用されません。

1.8 ソフトウェア。 Google は、サードパーティ ソフトウェアを含むソフトウェアをお客様が利用できるようにする場合があります。 お客様によるソフトウェアの使用は、サービス固有の条件の適用条項に従うものとします。

1.9 サービス固有の条件とデータ処理およびセキュリティ条件。 サービス固有の条件とデータ処理およびセキュリティ条件は、この参照により本契約に組み込まれます。

支払条件

2.1 請求書の異議申し立てと払い戻し。 リセラーは、実際の使用に対する料金を顧客に転嫁します。 お客様には、Google が請求する実際の費用が請求されます。 請求書に関する異議申し立ては、支払期日までに提出する必要があります。 当事者が、特定の請求の不正確さが Google に起因すると判断した場合、Google は訂正された請求書を発行しませんが、代わりに、影響を受けた請求書の間違った金額を示すクレジット メモを発行します。 異議のある請求書がまだ支払われていない場合、Google は異議のある請求書にクレジット メモの金額を適用し、お客様は、その請求書に記載されている結果の正味残高を支払う責任を負います。 お客様は、請求後 XNUMX 日以内に請求されない限り、料金に関するすべての請求を放棄します (これは、クレジット カード発行会社に対するお客様の権利には影響しません)。 払い戻し(該当する場合)は Google の裁量で行われ、本サービスに対するクレジットの形でのみ行われます。 本契約のいかなる条項も、Google がいずれかの当事者にクレジットを供与する義務を負うものではありません

2.1 オンライン請求。 該当する料金発生期間の終了時、または管理コンソールで Google が別段の定めがある場合、Google は販売代理店に電子請求書を発行し、販売代理店は該当する期間中のお客様によるサービスの使用に基づくすべての料金をお客様に転送して請求します。料金発生期間 (該当する場合は、TSS の関連する料金を含む)。 お客様は、請求書に記載された通貨ですべての料金を再販業者に支払うものとします。 お客様がクレジット カード、デビット カード、またはその他の請求書を発行しない支払い方法を選択した場合、再販業者は料金発生期間の終了時にすべての料金を直ちに請求します (お客様は支払います)。 お客様が請求書による支払いを選択した場合、すべての料金は請求書に記載されているとおりに支払う必要があります。 すべての料金を支払うという顧客の義務は、取り消すことができません。 お客様によるサービスの使用に関する Google の測定は最終的なものです。 Google は、複数の請求書を提供する義務を負いません。 電信送金による支払いには、リセラーが提供する銀行情報を含める必要があります。 お客様が Google Commerce Limited と本契約を締結している場合、Google は、Belgrave House, 76 Buckingham Palace Road, London, SW1W 9TQ, United Kingdom にオフィスを構えるイングランドおよびウェールズに設立された会社である Google Payment Limited を通じて支払いを回収することができます。

2.2 税金。

(a) お客様は、あらゆる税金に対して責任を負い、税金の減額なしに、本サービスに対する Google からの転嫁費用を販売代理店に支払うものとします。 Google または販売代理店がお客様の使用に対して税金を徴収または支払う義務を負う場合、お客様が Google に対し、かかる税金に関する有効な免税証明書をタイムリーに提供しない限り、税金はお客様に請求され、お客様はかかる税金を販売代理店に支払うものとします。

(b) お客様は、Google/販売代理店が適用法に基づいて要求する可能性のある該当する税識別情報を Google/販売代理店に提供し、該当する法域での適用される税法および当局への準拠を保証するものとします。 お客様は、お客様による誤申告に起因する税金、利子、罰金、または罰金を支払う (または Google に払い戻す) 責任を負うものとします。

2.3 請求書、請求書の異議申し立て、および返金。 リセラーは、実際の使用に対する料金を顧客に転嫁します。 お客様には、Google が請求する実際の費用が請求されます。 請求書に関する異議申し立ては、支払期日までに提出する必要があります。 当事者が、特定の請求の不正確さが Google に起因すると判断した場合、Google は訂正された請求書を発行しませんが、代わりに、影響を受けた請求書の間違った金額を示すクレジット メモを発行します。 異議のある請求書がまだ支払われていない場合、Google は異議のある請求書にクレジット メモの金額を適用し、お客様は、その請求書に記載されている未払いの純残高を支払う責任を負います。 お客様は、請求後 XNUMX 日以内に請求されない限り、料金に関するすべての請求を放棄します (これは、クレジット カード発行会社に対するお客様の権利には影響しません)。 払い戻し(該当する場合)は Google の裁量で行われ、本サービスに対するクレジットの形でのみ行われます。 本契約のいかなる条項も、Google がいずれかの当事者にクレジットを供与する義務を負わないものとします。

2.4 支払いの滞納。 サスペンション。 支払いが遅れた場合、支払い期日から全額が支払われるまで、月額 1.5% (または法律で認められている最高率がそれより低い場合) の利息が発生する場合があります。 お客様は、かかる延滞金額を回収するために Google/販売代理店が負担したすべての合理的な費用 (弁護士費用を含む) を負担するものとします。 さらに、サービスに対するお客様の支払いが期限を過ぎている場合、Google は、セクション 8.2 に従って、サービスを一時停止するか、違反として本契約を終了することができます。

2.5 注文書番号は必要ありません。 お客様は、Google の請求書 (またはその他) で注文番号を提供することを Google に要求することなく、該当するすべての料金を支払う義務があります。

顧客の義務

3.1 コンプライアンス。 お客様は、(a) お客様およびそのエンド ユーザーによる本サービスの使用が本契約に準拠していることを確認し、(b) 本サービスの不正使用またはアクセスを防止および終了するために商業的に合理的な努力を払い、(c) 迅速に行うものとします。お客様が気付いたサービス、アカウント、またはお客様のパスワードの不正使用または不正アクセスについて、Google に通知する。 Google は、お客様による AUP 違反の可能性を調査する権利を留保します。これには、お客様のアプリケーション、お客様データ、またはプロジェクトの審査が含まれる場合があります。

3.2 プライバシー。 お客様は、本契約に基づいて、(a) お客様によるサービスの使用と受領、および (b) お客様が提供したデータ (該当する場合はお客様データを含む) への Google によるアクセス、保存、および処理を許可するために必要な同意および通知について責任を負うものとします。

3.3 制限。 お客様は、(a) 本サービスのコピー、変更、または派生物の作成を行わず、エンド ユーザーに許可することもできません。 (b) サービスのリバース エンジニアリング、逆コンパイル、翻訳、逆アセンブル、またはその他の方法で、サービスのソース コードの一部または全部を抽出しようとすること (ただし、そのような制限が適用法によって明示的に禁止されている場合を除く)。 (c) 本サービスの一部または全部を販売、再販、サブライセンス、譲渡、または配布すること。 または (d) サービスにアクセスまたは使用する (i) リスクの高い活動。 (ii) AUP に違反している。 (iii) 料金の発生を回避すること (複数の顧客アプリケーション、アカウント、またはプロジェクトを作成して、単一の顧客アプリケーション、アカウント、またはプロジェクトとして (それぞれ) をシミュレートまたは機能させることを含む)、またはサービス固有の使用制限またはクォータを回避することを意図した方法で。 ; (iv) Google の事前の書面による承認なしに暗号通貨マイニングに従事すること。 (v) サービス固有の条件に別段の記載がない限り、エンド ユーザーが電話をかけたり公衆電話交換網から電話を受けたりすることを可能にする電気通信サービスを運用または有効化するため、またはカスタマー アプリケーションに関連して使用するため。 (vi) 米国国務省が管理する国際武器取引規則 (ITAR) の対象となる資料または活動。 (vii) 輸出管理法に違反する、または違反を引き起こす方法で。 または (viii) 実行された HIPAA BAA によって許可されている場合を除き、米国の HIPAA 規制の対象となる健康情報を送信、保存、または処理すること。

3.4 サードパーティ コンポーネント。 本サービスのサード パーティ コンポーネント (オープン ソース ソフトウェアを含む場合があります) は、個別のライセンス契約の対象となる場合があります。 サード パーティのライセンスが明示的に本契約に優先する限定された範囲で、そのサード パーティのライセンスは、そのサード パーティ コンポーネントのお客様の使用に適用されます。

3.5 ドキュメンテーション。 Google は、お客様によるサービスの使用に関するドキュメントを提供する場合があります。

3.6 著作権。 Google は、著作権所有者が知的財産をオンラインで管理するのに役立つ情報を提供していますが、Google は、著作権所有者からの入力なしに何かが合法的に使用されているかどうかを判断することはできません. Google は、著作権侵害の申し立ての通知に対応し、米国デジタル ミレニアム著作権法に基づいてオンライン サービス プロバイダのセーフ ハーバーを維持するために必要な適切な状況で、侵害を繰り返しているユーザーを終了する場合があります。 個人または団体がお客様またはそのエンド ユーザーの著作権を侵害しているとお客様が確信し、Google に通知したい場合、通知の送信に関する情報、および通知への対応に関する Google のポリシーについては、https://www.google.com/dmca で確認できます。 .html.

サスペンション

4.1 AUP 違反。 お客様またはエンド ユーザーによるサービスの使用が AUP に違反していることを Google が認識した場合、Google はお客様に通知し、違反を是正するようお客様に要請します。 お客様が Google の要求から 24 時間以内に違反を修正しない場合、Google は、違反が修正されるまで、お客様によるサービスの使用の全部または一部を停止することができます。

4.2 その他の停止。 セクション 4.1(AUP 違反)にかかわらず、Google は、(a)お客様またはエンド ユーザーによるサービスの使用がサービス、他のお客様またはそのエンド ユーザーに悪影響を与える可能性があると Google が合理的に判断した場合、お客様によるサービスの使用の全部または一部を直ちに停止することができます。サービス、またはサービスを提供するために使用される Google ネットワークまたはサーバーの使用。 (b) サービスへの不正な第三者アクセスの疑いがある。 (c) Google が、適用法を遵守するために即時停止が必要であると合理的に判断した場合。 (d) お客様がセクション 3.3 (制限事項) またはサービス固有の条件に違反している。 Google は、一時停止の原因となった状況が解決された時点で、かかる一時停止を解除します。 お客様の要請に応じて、Google は、適用法で禁止されている場合を除き、合理的に可能な限り速やかに停止の根拠をお客様に通知します。

知的財産権; 顧客データの保護; フィードバック

5.1 知的財産権。 本契約に明示的に記載されている場合を除き、本契約は、黙示的か否かを問わず、相手方のコンテンツまたは相手方の知的財産に対する権利をいずれの当事者にも付与しません。 両当事者間において、お客様はお客様のデータとお客様のアプリケーションのすべての知的財産権を所有し、Google はサービスとソフトウェアのすべての知的財産権を所有します。

5.2 顧客データの保護。 Google は、サービスおよび TSS をお客様に提供するため、またはお客様から指示された場合にのみ、お客様データにアクセスまたは使用し、他の Google 製品、サービス、または広告には使用しません。 Google は、データ処理およびセキュリティ条件で詳しく説明されているように、顧客データを保護するための管理上、物理的、および技術的な保護手段を実装しており、今後も維持します。

5.3 顧客からのフィードバック。 お客様は任意で、本サービスに関するフィードバックまたは提案を Google に提供することができます (「フィードバック」)。 お客様がフィードバックを提供した場合、Google およびその関連会社は、制限なく、またお客様に対する義務を負うことなく、そのフィードバックを使用することができます。

5.4 ベンチマーク。 お客様は、本サービスの比較または互換性テスト、ベンチマーク、または評価 (それぞれ「テスト」) の結果を直接または第三者を通じて公開することはできません。テストを複製します。 お客様がサービスのテストを実施する、または第三者に実施を指示し、その結果を直接または第三者を通じて公開する場合、Google (または Google が指示する第三者) は公開されている製品またはサービスのテストを実施することができます。顧客によって提供され、そのようなテストの結果を公に開示します (この開示には、顧客または第三者がテストを複製するために必要なすべての情報が含まれます)。 このセクション 5.4 が他の顧客の製品またはサービス条件と矛盾する場合、このセクション 5.4 が優先されます。

技術サポートサービス

6.1 お客様による。 お客様は、お客様のアプリケーションおよびプロジェクトのテクニカル サポートに責任を負います。

6.2 Googleによる。 適用されるサポート料金の支払いを条件として、Google は、TSS ガイドラインに従って、契約期間中、お客様に TSS を提供します。 特定の TSS レベルには、https://cloud.google.com/skus に記載されている最小定期料金が含まれています。 お客様が暦月中に TSS レベルをダウングレードした場合、Google は、その月の残りの期間、ダウングレード前と同じレベルで、同じ TSS 料金で TSS を提供し続けることができます。

定義

7.1 義務。 受領者は、開示当事者の機密情報を使用して、受領者の権利を行使し、本契約に基づく義務を履行し、開示当事者の機密情報の開示から保護するために合理的な注意を払います。 受領者は、機密情報を知る必要があり、機密を保持することに書面で同意した (または専門アドバイザーの場合は、別の方法で拘束されている) アフィリエイト、従業員、代理人、または専門アドバイザー (「代理人」) にのみ機密情報を開示することができます。 . 受領者は、代理人が受け取った機密情報を、本契約に基づく権利の行使および義務の履行のみに使用することを保証するものとします。

7.2 必要な開示。 本契約の反対の規定にかかわらず、受領者またはその関連会社は、適用される法的手続きで要求される範囲で機密情報を開示することもできます。 ただし、受領者またはそのアフィリエイトは、商業的に合理的な努力を払って、(a) そのような機密情報の開示前に相手方当事者に速やかに通知し、(b) 開示に反対する努力に関する相手方当事者の合理的な要求に応じることを条件とします。 上記にかかわらず、上記のサブセクション (a) および (b) は、(a) および (b) に従うことが (i) 法的手続きの違反につながる可能性があると受領者が判断した場合、適用されません。 (ii) 政府の調査を妨害する。 または (iii) 個人の死亡または深刻な身体的危害につながる。

期間と終了

8.1 契約期間。 本契約の期間 (「期間」) は発効日に開始し、本第 8 条 (期間および終了) に記載されているとおり本契約が終了するまで継続します。

8.2 違反による終了。 (a) 相手方当事者が本契約の重大な違反を犯し、違反の書面による通知を受け取ってから 30 日以内にその違反を是正しなかった場合、または(b) 相手方当事者が事業運営を停止するか、破産手続の対象となり、その手続が 90 日以内に却下されない場合。

8.3 非活動による終了。 Google は、30 日間、(a) お客様が管理コンソールにアクセスしていない、またはプロジェクトにネットワーク アクティビティがなく、かつ (b)そのようなプロジェクトは、そのようなサービスに対していかなる料金も発生していません。

8.4 都合による終了。 顧客注文書に別段の指定がない限り、

お客様はいつでも本サービスの使用を中止することができます。 お客様は、事前の書面による通知により、都合によりいつでも本契約を終了することができ、終了時には、該当するサービスの使用を中止する必要があります。 Google は、30 日前にお客様に書面で通知することにより、便宜上いつでも本契約を終了することができます。

8.5 適用法による終了。 法律違反。 Google は、(a) お客様が使用するサービスの継続的な提供が適用法に違反すると合理的に判断した場合、または (b) お客様が贈収賄防止法に違反した、または Google に違反させた、または輸出管理法。

8.6 終了の効果。 本契約が終了した場合、(a) 本契約に別段の記載がない限り、(a) 本サービスへのすべての権利およびアクセス (該当する場合は顧客データへのアクセスを含む) は終了し、(b) お客様が Google に対して支払うべきすべての料金は直ちに支払われます。お客様が最終的な電子請求書を受領したとき、または最終的な請求書に記載されているとおりに支払う必要があります。

広報

顧客は、自分が Google の顧客であることを公言し、商標ガイドラインに従って Google ブランドを表示することができます。 Google は、本サービスのオンラインまたはオフラインの販促資料でお客様の名前およびブランドを使用する場合があります。 各当事者は、本契約で許可されている場合に限り、相手方のブランドを使用することができます。 当事者のブランド フィーチャーの使用は、それらのブランド フィーチャーに対する知的財産権を保持する当事者の利益のために効力を生じます。

表明および保証

各当事者は、(a) 本契約を締結する完全な権限と権限を有し、(b) サービスの規定、受領、または使用に適用されるすべての法律を遵守することを表明し、保証します。
免責事項。 本契約で明示的に規定されている場合を除き、Google は、適用される法律で許可される最大限の範囲で、(a) 明示的、黙示的、法定、またはその他を問わず、商品性、適合性の保証を含む、いかなる種類の保証も行わず、明示的に否認します。サービスまたはソフトウェアの特定の使用、権原、非侵害、またはエラーのないまたは中断のない使用、および (b) サービスを通じてアクセス可能なコンテンツまたは情報に関する表明。

賠償責任の制限

12.1 間接責任の制限。 適用法で許可され、セクション 12.3 (無限責任) の対象となる範囲で、いずれの当事者も、(a) 間接的、結果的、特別、偶発的、または懲罰的損害、または (b) 本契約に起因または関連するいかなる責任も負わないものとします。 ) 収入、利益、貯蓄、またはのれんの損失。
12.2 責任額の制限。 本契約に起因または関連する損害に対する各当事者の合計責任は、責任を生じさせる事象の前の 12 か月間にお客様が支払った料金に限定されます。無料で提供されるソフトウェアは、5,000 ドルに制限されています。

12.3 無制限の責任。 本契約のいかなる条項も、以下に対するいずれかの当事者の責任を除外または制限するものではありません。

(a)その詐欺または詐欺的な不実表示。

(b)セクション13(補償)に基づく義務。

(c)相手方の知的財産権の侵害。 (d)本契約に基づく支払い義務。 また

(e)適用法の下で責任を除外または制限できない事項。 13.補償。

13.1 Google の補償義務。 Google は、お客様のアカウントに基づいてサービスを使用するお客様とその関連会社を防御し、サービスまたは Google ブランドが、いずれの場合も、契約、第三者の知的財産権を侵害します。

13.2 顧客の補償義務。 お客様は、サービスを提供する Google およびその関連会社を防御し、(a) お客様のアプリケーション、プロジェクト、お客様のデータ、またはお客様のブランドの特徴に起因する範囲で、第三者の法的手続きにおける補償責任について補償するものとします。 または (b) AUP またはセクション 3.3 (制限事項) に違反する顧客またはエンド ユーザーによるサービスの使用。

13.3 除外。 第 13.1 項(Google の補償義務)および第 13.2 項(お客様の補償義務)は、根本的な申し立てが(a)被補償当事者による本契約の違反、(b)補償当事者の技術またはブランド機能との組み合わせに起因する場合には適用されません。 (c) Google またはその関連会社が補償当事者である場合、お客様に無料で提供されるサービス。

13.4 条件。 第 13.1 条(Google の補償義務)および第 13.2 条(お客様の補償義務)は、以下を条件としています。

(a) 被補償当事者は、第三者の法的手続きに先行する申し立てを書面で速やかに補償当事者に通知し、補償当事者と合理的に協力して、申し立ておよび第三者の法的手続きを解決しなければなりません。 このセクション 13.4(a) の違反により、第三者の法的手続きの抗弁が損なわれる場合、セクション 13.1 (Google の補償義務) または 13.2 (顧客の補償義務) (該当する場合) に基づく補償当事者の義務は、偏見。

(b) 被補償当事者は、以下を条件として、第三者の法的手続きの被補償部分の単独の支配権を補償当事者に委ねなければなりません。 ; (ii) 被補償当事者が責任を認める、金銭を支払う、または行動を起こす (または行動を控える) ことを要求する和解は、被補償当事者の事前の書面による同意を必要とし、不当に保留、条件付け、または遅延してはなりません。

13.5 救済。

(a) Google が、本サービスが第三者の知的財産権を侵害する可能性があると合理的に判断した場合、Google は、独自の選択と費用負担で、(i) お客様が本サービスを継続して使用する権利を獲得することができます。 (ii) サービスの機能を大幅に低下させることなく、サービスを侵害しないように変更する。 または (iii) サービスを、権利を侵害しない、機能的に同等の代替物に置き換える。

(b) セクション 13.5(a) の救済策が商業上合理的であると Google が判断した場合、Google は影響を受けるサービスのお客様による使用を一時停止または終了することができます。

13.6 単独の権利と義務。 いずれの当事者の契約解除権にも影響を与えることなく、本第 13 条 (補償) は、本第 13 条 (補償) の対象となる知的財産権の侵害に関する第三者の申し立てに対する、本契約に基づく当事者の唯一かつ排他的な救済策を規定しています。

その他

14.1 通知。 本契約に基づき、お客様への通知は通知メール アドレスに送信する必要があり、Google への通知は法務担当者に送信する必要があります。 [メール保護] 通知は、電子メールが送信された時点で受信されたものとして扱われます。 お客様は、期間中、通知用電子メール アドレスを最新の状態に保つ責任を負います。

14.2 電子メール。 両当事者は、電子メールを使用して、本契約に基づく書面による承認および同意の要件を満たすことができます。

14.3 譲渡。 いずれの当事者も、相手方の書面による同意なしに、本契約のいかなる部分も譲渡することはできません。任務の相手。 それ以外の譲渡の試みは無効です。 で定義されているように、お客様が本契約を別の法域の関連会社に譲渡し、Google の契約主体に変更があった場合

https://cloud.google.com/terms/google-entity (i) this Agreement is automatically assigned to the new Google contracting entity; and (ii) if the Affiliate’s billing account is in India or Brazil, the applicable terms of service linked above, and not this Agreement, will apply from the moment of the assignment.

14.4 支配権の変更。 当事者が、内部のリストラまたは再編成の一部として以外の支配権の変更を経験した場合 (たとえば、株式の購入または売却、合併、またはその他の形態の企業取引を通じて)、その当事者は、他の当事者に書面で通知します。支配権の変更後 30 日。

14.5 不可抗力。 いずれの当事者も、不可抗力、自然災害、テロリズム、暴動、または戦争を含む、その合理的な制御を超えた状況によって引き起こされた範囲での履行の失敗または遅延について責任を負わないものとします。

14.6 下請け。 Google は本契約に基づく義務を下請けすることができますが、下請けの義務については引き続きお客様に責任を負うものとします。

14.7 代理店なし。 本契約は、当事者間に代理店、パートナーシップ、または合弁事業を作成するものではありません。

14.8 権利放棄なし。 いずれの当事者も、本契約に基づく権利を行使しない (または行使を遅らせる) ことによって、権利を放棄したとは見なされません。

14.9 可分性。 本契約の一部が無効、違法、または執行不能である場合、本契約の残りの部分は引き続き有効です。

14.10 第三者受益者なし。 本契約は、明示的に記載されていない限り、第三者に利益を与えるものではありません。

14.11 衡平法上の救済。 本契約のいかなる規定も、公平な救済を求めるいずれかの当事者の能力を制限するものではありません。

14.12 米国準拠法。

(a) 米国の市、郡、および州の政府機関の場合。 お客様が米国の市、郡、または州の政府機関である場合、本契約は準拠法および裁判地に関して言及されていません。

(b) 米国連邦政府機関の場合。 お客様が米国連邦政府機関である場合、以下が適用されます。本契約またはサービスに起因または関連するすべての請求は、法の抵触に関する規則を除き、アメリカ合衆国の法律に準拠します。 連邦法によって許可される範囲内でのみ、(I) 適用される連邦法がない場合は、カリフォルニア州法 (カリフォルニア州の抵触法の規則を除く) が適用されます。 (II) 本契約または本サービスに起因または関連するすべての請求について、両当事者は、カリフォルニア州サンタクララ郡にある裁判所の人的管轄権および専属管轄裁判所に同意するものとします。

(c) その他すべての事業体。 お客様がセクション 14.12(a) (米国の市、郡、および州の政府機関に関する米国準拠法) または (b) (連邦政府機関に関する米国準拠法) で特定されていない組織である場合、以下が適用されます。本契約またはサービスに関連するものは、州の抵触法の規則を除き、カリフォルニア州法に準拠し、米国カリフォルニア州サンタクララ郡の連邦裁判所または州裁判所で独占的に訴訟が提起されます。 両当事者は、これらの裁判所における人的管轄権に同意するものとします。

14.13 修正。 セクション 1.7(b) (変更: 契約へ) または (c) (変更: データ処理およびセキュリティ条件へ) に記載されている場合を除き、修正は書面で行われ、両当事者が署名し、本契約の修正。

14.14 サバイバル。 次のセクションは、本契約の満了または終了後も存続します。セクション 2 (支払い条件)、セクション 5 (知的財産権、顧客データの保護、フィードバック)、セクション 7 (機密情報)、セクション 8.6 (終了の効果)、セクション第 11 条 (免責事項)、第 12 条 (責任の制限)、第 13 条 (補償)、および第 14 条 (その他)。

14.15 完全合意。 本契約は、当事者間で合意されたすべての条件を規定し、その主題に関する当事者間の他のすべての合意に優先します。 本契約を締結するにあたり、いずれの当事者も、本契約に明示的に記載されているものを除き、いかなる声明、表明、または保証 (過失または無害によるものであるかにかかわらず) に依拠しておらず、これらに基づくいかなる権利または救済も持たないものとします。 URL 条件は、参照により本契約に組み込まれます。 発効日以降、Google は、本契約の URL の代わりに更新された URL を提供する場合があります。

14.16 相反する条件。 本契約を構成する文書間に矛盾がある場合、文書は次の順序で優先されます (優先度の低い順): データ処理およびセキュリティ条件、本契約の残りの部分 (URL 条件を除く)、および URL条件 (データ処理およびセキュリティ条件を除く)。

14.17 ヘッダー。 本契約で使用されている見出しとキャプションは参照のみを目的としており、本契約の解釈に影響を与えるものではありません。

14.18 競合する言語。 本契約が英語以外の言語に翻訳され、英語のテキストと翻訳されたテキストとの間に矛盾がある場合、翻訳で特に明記されていない限り、英語のテキストが優先されます。

14.19定義。

○ 「アカウント」とは、お客様の Google Cloud Platform アカウントを意味します。

○ 「管理コンソール」とは、サービスを管理するために Google がお客様に提供するオンライン コンソールまたはダッシュボードを意味します。

○ 「関連会社」とは、当事者を直接的または間接的に支配する、支配される、または当事者と共通の支配下にある団体を意味します。

○ 「贈収賄防止法」とは、1977 年米国海外腐敗行為防止法および 2010 年英国贈収賄防止法を含む、適用されるすべての商取引法および公的な贈収賄防止法を意味し、直接的または間接的に価値のあるものを誰に対しても不正に提供することを禁じています。政府関係者を含む、ビジネスを取得または維持するため、またはその他の不適切な商業的利益を確保するため。 政府関係者には以下が含まれます: 公務員、公職の候補者、王室のメンバー、および政府所有または政府管理の企業の従業員、公務員

国際機関、および政党。

○ 「AUP」とは、http://cloud.google.com/terms/aup に記載されている、その時点での本サービスの利用規定を意味します。

○ 「BAA」または「Business Associate Agreement」は、保護された医療情報 (HIPAA で定義) の取り扱いを対象とする契約の修正です。

○ 「ブランド機能」とは、各当事者が随時確保する、各当事者の商号、商標、サービス マーク、ロゴ、ドメイン名、およびその他の特徴的なブランド機能を意味します。

○ 「機密情報」とは、一方の当事者 (または関連会社) が本契約に基づいて他方の当事者に開示する情報で、機密としてマークされているか、状況によっては通常機密情報と見なされる情報を意味します。 受信者が独自に開発した情報、守秘義務なしに第三者によって正当に受信者に提供された情報、または受信者の過失なしに公開された情報は含まれません。 前文に従い、顧客データは顧客の機密情報とみなされます。

○ 「支配」とは、当事者の議決権または持分の 50% 以上を支配することを意味します。

○ 「カスタマー アプリケーション」とは、カスタマーが本サービスを使用して作成またはホストするソフトウェア プログラムを意味します。

○ 「顧客データ」とは、アカウントに基づくサービスを通じて、顧客またはエンド ユーザーが Google に提供するデータを意味します。

○「データ処理およびセキュリティ条件」とは、https://cloud.google.com/terms/data-processing-terms に記載されている条件を意味します。

○ 「ドキュメンテーション」とは、https://cloud.google.com/docs/ で本サービスで使用するために Google が顧客に一般的に提供する形式の Google ドキュメンテーション (随時更新される可能性がある) を意味します。

○「エンドユーザー」とは、お客様から本サービスの利用を許諾された個人をいいます。 明確にするために、エンド ユーザーには、お客様の関連会社の従業員およびその他の承認された第三者が含まれる場合があります。

○ 「輸出管理法」とは、(a) 米国商務省が維持する輸出管理規則 (「EAR」)、(b) 米国商務省が維持する貿易および経済制裁を含む、適用されるすべての輸出および再輸出管理法および規制を意味します。米国財務省の外国資産管理局、および (c) 米国国務省が管理する国際武器取引規則 (「ITAR」)。

○ 「料金発生期間」とは、Google が管理コンソールで指定した暦月または別の期間を意味します。

○ 「料金」とは、各サービスまたはソフトウェアに適用される料金と、適用される税金を意味します。 各サービスの料金は、

https://cloud.google.com/skus/ (incorporated into the Agreement by this reference).

○ 「Google API」とは、本サービスの一部として Google が提供するアプリケーション プログラミング インターフェースを意味します。

○ 「リスクの高い活動」とは、本サービスの使用または失敗が、死亡、人身傷害、または環境または財産の損害につながることが合理的に予想される活動 (原子力施設の作成または運用、航空管制、生命維持など) を意味します。システム、または兵器)。

○ 「HIPAA」とは、1996 年の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律 (随時修正される可能性がある) およびそれに基づいて発行されたすべての規制を意味します。

○「含む」とは、含むがこれに限定されないことを意味します。

○ 「補償責任」とは、(i) 補償当事者によって承認された和解金額、および (ii) 管轄裁判所によって補償当事者に対して最終的に裁定された損害および費用を意味します。

○ 「知的財産権」とは、特許法、著作権法、営業秘密法、商標法、著作者人格権法に基づく現在および将来の世界的な権利、およびその他の類似の権利を意味します。

○「法的手続き」とは、法律、政府の規制、裁判所命令、召喚状、令状、その他の有効な法的権限、法的手続き、または同様の手続きに基づいて行われる情報開示請求を意味します。

○ 「責任」とは、契約上、不法行為(過失を含む)、またはその他に基づく責任を意味し、当事者が予見可能または意図したものであるかどうかにかかわらず、責任を負うものとします。

○ 「通知メールアドレス」とは、お客様が管理コンソールで指定したメールアドレスを意味します。

○ 「プロジェクト」とは、お客様が本サービスを通じて構成した Google Cloud Platform リソースの集合を意味します。

○ 「サービス固有の条件」とは、https://cloud.google.com/terms/service-terms に記載されている XNUMX つまたは複数のサービスに固有の当時最新の条件を意味します。 ○ 「サービス」とは、https://cloud.google.com/terms/services に記載されている当時最新のサービスを意味し、サードパーティの提供物は除きます。

○ 「SLA」とは、https://cloud.google.com/terms/sla/ にある当時最新の各サービス レベル アグリーメントを意味します。

○ 「ソフトウェア」とは、本サービスに関連して Google が提供するダウンロード可能なツール、ソフトウェア開発キット、またはその他のコンピュータ ソフトウェア、および Google がかかるソフトウェアに対して随時行う可能性のある更新を意味し、サードパーティの提供物は除きます。

○ 「一時停止」または「一時停止」とは、本サービスまたは本サービスのコンポーネントへのアクセスまたは使用を無効化または制限することを意味します。

○ 「税金」とは、政府が課すすべての税金を意味します。ただし、Google の純利益、純資産、資産価値、財産価値、または

雇用。

○ 「本規約」とは、本規約第 8.1 条(本規約)に定める意味を有します。

○ 「サードパーティ提供物」とは、(a) サービスまたはソフトウェアに組み込まれていないサードパーティのサービス、ソフトウェア、製品、およびその他の提供物、および (b) サービスの「サードパーティ条件」セクションで特定される提供物を意味します。特定の条件。

○ 「第三者の法的手続き」とは、裁判所または政府の法廷で、無関係の第三者によって提起された正式な法的手続き (上訴手続きを含む) を意味します。

○ 「商標ガイドライン」とは、Google ブランドの第三者による使用に関する Google のガイドラインを意味します。

https://www.google.com/permissions/guidelines.html.

○ 「TSS」とは、TSS ガイドラインに基づいて Google がお客様に提供する当時最新のテクニカル サポート サービスを意味します。

○ 「TSS ガイドライン」とは、その時点でサービスに対して有効な Google のテクニカル サポート サービス ガイドラインを意味します。 TSS ガイドラインは

https://cloud.google.com/terms/tssg/ (under Google Cloud Platform Services).

○ 「URL 条件」とは、AUP、データ処理およびセキュリティ条件、サービス固有条件、SLA、および TSS ガイドラインを総称して意味します。

地域条件。 お客様の請求先住所が以下の該当する地域にある場合、お客様は本契約の次の変更に同意するものとします。

アジア太平洋地域

– インドを除くすべての地域

セクション2.2は次のように置き換えられます。

2.2 税金。 Google は、請求された税金を箇条書きにします。 Google への支払いから税金を差し引く必要がある場合、お客様は Google への支払いを増額して、Google が受け取る正味額が請求額と等しくなるようにし、税金を減額することはありません。

セクション 14.19 (定義) の「税金」の定義は、次のように置き換えられます。 14.19 定義。

「税金」とは、本サービスの提供および履行に関連する適用法に従って、政府が課すすべての税金を意味します。これには、関連する罰金または利息を含む、関税、関税、および直接または間接の税金が含まれますが、これらに限定されません。ただし、Google の利益に基づく税金は除きます。

アジア太平洋 (オーストラリア、日本、インド、ニュージーランド、シンガポールを除くすべての地域) およびラテンアメリカ (ブラジルを除くすべての地域)

セクション14.12(米国準拠法)は次のように置き換えられます。

14.12 準拠法。 仲裁。

(a) 本契約または関連する Google 製品またはサービスに起因または関連するすべての請求 (本契約の解釈または履行に関する紛争を含む) (「紛争」) は、カリフォルニア州法に準拠するものとします。米国、カリフォルニア州の抵触法の規則を除く。

(b) 両当事者は、紛争が発生してから 30 日以内に紛争を解決するよう誠実に努めるものとします。 紛争が 30 日以内に解決されない場合、本契約の日付の時点で有効な迅速商事規則 (「規則」) に従って、米国仲裁協会の国際紛争解決センターによる仲裁によって解決されなければなりません。

(c) 当事者は相互に XNUMX 人の仲裁人を選択します。 仲裁は、米国カリフォルニア州サンタクララ郡で英語で行われます。

(d) いずれの当事者も、仲裁の解決までの間、その権利を保護するために必要な差し止めによる救済を管轄裁判所に申請することができます。 仲裁人は、本契約の救済および制限に従って、衡平法上のまたは差し止めによる救済を命じることができます。

(e) サブセクション (g) の守秘義務に従うことを条件として、いずれの当事者も、その当事者の権利または財産を保護するために必要な命令を発行するよう、管轄裁判所に請願することができます。 この請願は、この準拠法および仲裁セクションの違反または権利放棄とは見なされず、司法判断を再検討する権限を含む仲裁人の権限に影響を与えません。 両当事者は、米国カリフォルニア州サンタクララ郡の裁判所が、このサブセクション 14.12 (e) に​​基づく命令を認める権限を有することを規定します。

(f) 仲裁判断は最終的なものであり、両当事者を拘束し、その執行は、いずれかの当事者またはその財産を管轄する裁判所を含む、管轄裁判所に提出される場合があります。

(g) 本第 14.12 条 (準拠法、仲裁) に従って実施される仲裁手続きは、第 7 条 (機密情報) に基づく機密情報と見なされます。 (iii) 仲裁手続きに関連する口頭での連絡または文書。 セクション 7 (機密情報) に基づく開示の権利に加えて、当事者は、サブセクション 14.12 (e) に​​基づく命令の提出または仲裁の実行に必要な場合、本サブセクション 14.12 (g) に記載されている情報を管轄裁判所に開示することができます。ただし、当事者は、これらの司法手続がカメラ内で(非公開で)行われるように要求する必要があります。

(h) 当事者は、規則に従って、仲裁人の手数料、仲裁人が任命した専門家の手数料および費用、ならびに仲裁センターの管理費を支払うものとします。 最終決定において、仲裁人は、これらの料金について勝訴当事者が前払いした金額を返還する非勝訴当事者の義務を決定します。

(i) 各当事者は、紛争に関する仲裁人の最終決定に関係なく、独自の弁護士および専門家の手数料および費用を負担するものとします。

アジア太平洋–インドネシア

新しいセクション8.6が追加されました。

8.6 終了の権利放棄。 両当事者は、本契約の解除に裁判所の決定または命令が必要な範囲で、適用法に基づく規定を放棄することに同意します。

本契約のインドネシア語版はこちらからアクセスでき、セクション 14.18 は次のように置き換えられます。

14.18 競合する言語。 本契約は、インドネシア語および英語で作成されます。 どちらのバージョンも同等に本物です。 インドネシア語版と英語版の間に矛盾または異なる解釈がある場合、両当事者はインドネシア語版を修正して、インドネシア語版の関連部分を英語版の関連部分と一致させることに同意します。

北米 – 米国
セクション14.19(定義)がセクション14.20(定義)に変更されました。 新しいセクション14.19が追加されました。

14.19 米国連邦政府機関のユーザー。 本サービスは、私費のみで開発されたものであり、適用される連邦調達規則およびその機関の補足の意味における商用コンピュータ ソフトウェアおよび関連文書です。